上手に空室対策をしてリスク回避~ホームアドバイス~

男性

経営を成功させるコツ

住宅模型

マンション経営の高い競争率を勝ち抜くコツは、質が高い設備を整えることです。高機能な設備を揃えることで、入居者を集めやすくなります。一括借上システムを活用すれば、空室リスクを回避できます。

読んでみよう

家賃保証で安心

つみ木

サブリースを利用することで、家賃保証や滞納保証を受けることができます。そのため、安定した家賃収入を受け取ることができるのです。ただ、その分手数料は引かれてしまうので、注意が必要です。

読んでみよう

手間を減らせるシステム

一軒家

一括借り上げを利用することで、空室のリスクを回避して、手続きやメンテナンスなどの手間を減らすことができます。ただ、トラブルに発展することもあるので、注意したほうが良いです。

読んでみよう

会社に依頼して対策

インテリア

利益ばかり考えていると、空室対策のことを考えずに、全く入居者が増えないという自体になってしまいます。不動産投資を成功させるためには、空室対策をしっかり行なうことも大切です。空室対策として重要なポイントは、利便性が良い物件を選ぶということです。多くの人が物件を選ぶときには、立地や利便性をチェックします。いくら良い設備が整っている部屋でも、立地が悪いと、生活する上で不便に感じてしまうからです。それを考えると、利便性が良い物件を選ぶことで、入居者を集めやすくなるのです。また、家賃相場を知ることも大切です。家賃相場よりも、高い金額で家賃を設定していることが、空室になっていることが多いです。家賃査定サイトなどで、相場を確認しておくことで、適切な家賃設定をすることができます。

家賃対策の方法として、賃貸管理会社を利用するという方法があります。賃貸管理会社は、サブリースやプロパティマネジメント管理などのサービスを提供しています。サブリースなら、空室がある場合でも家賃収入を得ることができます。ただ、通常よりも収益性は低くなってしまうので注意が必要です。プロパティマネジメント管理とは、オーナーの利益が最大になるようにサポートしてくれるサービスです。さまざまな仲介会社から入居者紹介を受けることができるので、入居率を高めることができます。このようなサービスを活用することで、上手に空室対策を行なうことができます。